ご予約・お問合わせ 丸の内まつなが眼科
コンタクトレンズについて

ごあいさつ

丸の内メディカルでは、隣接する「丸の内まつなが眼科」で診療された方に、

コンタクトレンズの処方・販売をしております。

様々なメーカーから、眼の状態や生活習慣に最も適した

コンタクトレンズをご案内させていただきます。

大切なことは、正しい使用方法・ケア方法、リスク等をしっかりご理解いただくこと。

スタッフは患者様の良きアドバイザーとして、

1人ひとりの眼をしっかり把握した上で、ご説明させていただきます。

どんな些細なことでもご相談ください。

丸の内メディカル スタッフ一同

木のイラスト1 木のイラスト2

コンタクトレンズについて

患者様へ

コンタクトレンズは医療機器であり、
身体の粘膜や眼球の表面に直接触れるもの。
使用前に手をしっかり洗い、
徹底した衛生状況の下で使うことが大切です。
実際、コンタクトレンズを誤って使用すると、
感染症や角膜びらんなど目の病気にかかる危険性が高くなります。
失明に至るようなケースも稀ではありません。
必ず医師による定期検診を受診ください。

丸の内メディカルでは、まず患者様に製品についてご理解いただきます。
コンタクトレンズについて深い知識を持つスタッフが、
正しい取り扱い方法・コンタクトレンズ誤使用のリスクなどを
説明させていただきます。
ご希望のレンズをただ処方し、販売するスタイルではありません。
何より、患者様に最も適したコンタクトレンズに
出会っていただくことが大切です。
健康で快適な生活のために、ぜひ私たちにご相談ください。

クリップ きのこのイラスト
取扱いコンタクトレンズはこちら

ハードレンズ

黒目より小さく、かたいレンズ。現在は、酸素を通す素材が主流です。

メリット

  • 乱視矯正にすぐれている。
  • 光の屈折を正確に調整することが可能。
  • まばたきの度にレンズが動くので、目への酸素供給がスムーズ。
  • ゴミが入ったり目の異常があると、異物感を感じるため
    トラブルに気づきやすい。

デメリット

  • 慣れるまで時間がかかる場合がある。
  • スポーツなどで激しく動くと、ずれやすい・外れやすい場合がある。

ソフトレンズ

黒目より少し大きい、やわらかいレンズ。
定期交換タイプのレンズは、使用日数を守り、
正しいケアを行うことが大切です。

メリット

  • 初めてのコンタクトでも慣れるまで時間がかからない。
  • 比較的、違和感が少なく快適なつけ心地。
  • 目の中でずれることが少ないので、スポーツをされる方に適する。
  • 1DAY使い捨てタイプの場合、手入れが不要。

デメリット

  • レンズに涙を吸収されるため、ドライアイになりやすい。
  • 異物感を感じにくいため、目のトラブルに気づきにくい。

カラーコンタクト・サークルレンズのトラブルについて

若い女性を中心に、カラーコンタクト・サークルレンズが流行しています。
手軽に使用できる1DAY使い捨てタイプ、
目に負担の少ないレンズも登場し、人気を集めています。
しかし、中には高度管理医療機器として認証されていない
低品質なレンズも販売されています。それらは雑貨として扱われ、
処方箋なしで量販店やインターネットで手軽に購入できますが、
レンズの形状が合わず目に負担がかかるなど、安全性の保証はありません。
実際、目の病気につながるトラブルが増えているようです。

当院では、患者様の目の状態、カラーコンタクト・サークルレンズの特徴、使用方法、
リスク等をご理解の上、コンタクトレンズを選択していただきます。
ファッションアイテムの一つとして使用する前に、必ず眼科医を受診してください。

注意点

  • 必ず眼科医で診察を受けた後に、ご購入ください。
  • ファッションアイテムとして使用される場合でも、医療機器であるという認識をお持ちください。
  • カラーコンタクト・サークルレンズの特徴やリスクをご理解ください。
  • 専用のケア用品を正しくお使いください。
  • 短時間の使用を心がけてください。
  • 定期検診を必ず受けてください。
クマのイラスト